• ホーム
  • ブログ
  • レーザーポインター故障の主な原因は知っています?

ブログ

2016.12.19

レーザーポインター故障の主な原因は知っています?

 レーザーポインター故障の主な原因は知っています?

最近、レーザーポインターledライト付きレーザーポインターを使ってる方が多くなったそうです。一二年間使用しても故障していないこともあり、一二ヶ月後に故障が発生した場合もあります。実はレーザーポインター本体の性能不足以外には正しい利用もとっても重要です。

よく発生してる故障の主な原因をちょっと説明致します。

レーザーポインターが点灯しない

●過熱焼損 長時間連続使用して発熱過ぎるので、レーザーモジュールが焼損した。 回路の部品が焼損するというトラブルが多発していたのである。晶体のほうが焦げたことが多い。 この場合はモジュールを交換するしかない。

●不注意でレーザーポインターを落下させたり、ぶつけたりする。 衝撃などに強くないので、落下させたりぶつけたりしてモジュールは壊れやすいです。もしそうしたらレーザーポインターは点灯しない故障になる可能性が高いです。 製品本体の性能や晶体の品質がよくない、回路不安定。

●正極と負極を逆転して電源接続 すると、レーザーモジュールは即故障するので要注意です。

レーザーポインター光

レンズがホコリなどで汚れてしまうと、集光できなく、レーザー光が弱く、射程が短くなったトラブルを招く大きな原因となります。

グリーンレーザーポインターの場合、二つの白斑点を見ること。

●温度が低いので、完全に起動しなく、二つの白斑点を見ることとなる。温度が上げるとともに、良くなる。

●晶体本体は不安定です。

http://fseae.tencho.cc/e169874.html

http://www.voiceblog.jp/fdtykk/2239241.html

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«12月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

会社名を入力します。

テキストが入ります。

検索

ページの先頭へ