• ホーム
  • ブログ
  • すいません、銃によく、レーザーサイトってありますよね?

ブログ

2016.12.24

すいません、銃によく、レーザーサイトってありますよね?

 すいません、銃によく、レーザーサイトってありますよね?

そのレーザーサイトは、どんな役にたってるんですか?
レーザーが邪魔な気がしますが。
皆さん、レーザーサイトは便利ですか?

エアガンに関して言えば、全くの無駄な装備。
ココである方が「位置暴露装置」と呼んでいましたが、私も全く同感。

エアガンにおけるサバイバルゲームでは、レーザーサイトを照射されると、光源が赤くキラキラ光って見えるので「あ、あそこに敵居る」って簡単に見つけられます。(レーザーサイトを付けている側が敵に見つかりやすくなる)

また、レーザーサイトを付けてしまうと。
正しい狙いの付け方が出来なくなる可能性があります。
言ってしまえば腰だめの構え方でも、レーザーポインター カラスの照射点で狙いが付けられてしまうので、どんな(変な)構え方でも正確な射撃が出来てしまいます。


しかし、それは技量によるものではなくてレーザーサイトがあってこそのもの。
そういった使い方に慣れ親しんだエアガンユーザーは、銃を変えレーザーサイトを無くしてしまうと、全くと言っていいほど狙いが付けられなくなります。
しまいには、フルオートで弾道を見ながら照準の微調整をするような使い方になってしまったりする訳です。


一方で実際の戦場で兵士たちが超強力ブルーレーザーポインターを運用するのにはしっかりとした理由があります。
レーザーサイトは、ガスマスクやナイトビジョン(ヘッドマウント型)などを使用していて頬付け出来ず、銃に搭載されたサイトを覗き込めない場合に使用します。
ナイトビジョンと併用する場合は、レーザー光自体を赤外線としたIRレーザーを使います。IRレーザーは肉眼では見ることが出来ないため、ナイトビジョンを装備していない者には全く見えません。一方でナイトビジョンを装備していれば通常のレーザーサイトと同様に照射点を見て照準を合わせられます。

レーザーサイトは照準を合わせる事を容易にしてくれます。

まず、普通に照準をあわせるには、アイアンサイトというものを覗かなければいけません。
拳銃で言うなら、スライド上部に先端と目に近い方それぞれに凹凸があります。覗いたときに凹凸があった延長線上に弾は飛んでいきます。


しかし素早くのぞいても、自分が動いてると狙いにくいのと、覗くまで多少時間を要します。
それが命取りになることがあるので、アイアンサイトをのぞかなくても撃てるようにつける照準補助器としてレーザーポインター 高出力があるのです。

もちろん普段はアイアンサイトを使用しますが緊急性や速さを要するときにレーザーサイトが使われます。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«12月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

会社名を入力します。

テキストが入ります。

検索

ページの先頭へ